AGAの治療にはどうしても半年~1年と効果を実感できるまでに時間も費用もかかってしまいます。なるべく費用を減らし効果のある薬をお求めになるならツゲイン通販がおすすめです。

ツゲイン2%、5%、10%を比較

ツゲインはインドの製薬会社が製造している薄毛治療薬で、いわゆるジェネリック医薬品という扱いになるため、そのすぐれた効果と比較して、価格が大幅に安いというのが特徴となっています。ツゲイン2%、5%、10%という、ブランド名は同じでもタイプが異なる3つの製品がありますが、これは有効成分として含まれているミノキシジルの分量によって区別されているものです。
ミノキシジルは、国内でも大衆薬としてすでに普及しているものがあるためおなじみですが、もとは高血圧の経口薬として開発されていた成分で、これが頭皮の血管を拡張して薄毛対策にも効果が高いということがわかったため、後にAGA(男性型脱毛症)治療薬としても採り入れられてきたものです。
日本国内で国の承認を受けて販売されている大衆薬としては、このミノキシジルの濃度が1%のものが基本で、後からさらに増量した5%のものを加えて2つのパターンがありますが、ツゲインはもとから有効成分の濃度が国内流通のものよりも高い製品で、それだけ効き目が実感できるという特徴があります。
残念ながら、国内の薬局などでは通販に応じているところはないので、海外からの通販、いわゆる個人輸入によって手に入れることになります。海外通販であっても、現在ではネット上にあるいくつかのサイトから日本語で注文することが可能です。
このツゲイン2%、5%、10%を比較すると、ミノキシジル含有量が多い10%のものが最大の効き目ということになりますが、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。含有量が多いということは、いきなり塗布すると頭痛、めまい、血圧の急変といった副作用も同時に出やすいということを意味しており、しかも他の含有量が少なめの製品よりも多少高価です。このため、副作用の可能性と価格という点から、最初は無理のない範囲のものを選ぶというのが適切といえます。